プラセンタに関する注意事項

プラセンタ製品の副作用

プラセンタを商品化したものは医療用の注射のほかに、ドリンク剤やサプリメントなどの飲んで摂取するもの、化粧品やヘアケア製品など外側から使用するものがあります。

プラセンタが元来もつ役割から、多方面への効果・効能が報告されており各製品の人気もうなぎ昇りといった感がありますが、安全性に不安を持つ人、副作用の心配をする人も当然いるでしょう。

まず安全性についてですが、原料が哺乳類の胎盤という天然成分で、殺菌消毒されているので感染などの心配はないといわれています。サプリメントや化粧品などに使われているのは人以外の動物で、馬に関しては、奇蹄疫(ひづめが割れていない)なので狂牛病の心配はありませんし、豚は最近では無菌状態で育てられたものが使われています。

副作用に関しては、今まで深刻なケースは報告されていないようですが、どんな化粧品・サプリメントにも合う合わないがあるので、プラセンタについてもそれと同じだと考えていいのではないでしょうか。心配するとしたらアレルギー反応です。どんな物質に拒否反応を示すかは個人差がありますので、いきなり商品を買わずにサンプルやパッチテストなどでお試しをしてからのほうが安心です。

自分に合うものだと納得したら製品を購入してもいいと思います。効き方にはこれまた個人差がありますので、すぐに効果があらわれなくてもある程度継続して使用していくことが大事です。どんな製品でも販売店によく説明を聞いてから、また製品についている説明書をよく読んでから使用しましょう。