プラセンタとはなにか

そのほかのプラセンタについて

プラセンタには哺乳動物の胎盤を原料としたもの以外に、植物性プラセンタや海洋性プラセンタといわれるものもあり、その効果に注目が集まっています。

海洋性プラセンタといわれるものは、魚などの臓器を利用したものです。魚には基本的に胎盤はありませんので、卵巣膜というものが使われます。鮭の卵巣膜(筋子にある薄い膜)が使われることが多いですが、胎盤でないのにプラセンタという名称を使うのは、効果・効能が動物性プラセンタと共通するものがあるからかもしれません。哺乳動物由来のものにはないエラスチン(コラーゲンを支えシワを軽減させる)という成分が含まれており、美容目的のドリンク剤やサプリメントなどで商品化されています。

植物性プラセンタは植物の胎座という部分から抽出されたものです。胎座とは植物の成長を促す大事な組織で、動物の胎盤と同じ働きをしています。植物性プラセンタとして使われる主な原料はトウモロコシ、ライ麦、大豆、アセロラなどです。植物性プラセンタには、動物性プラセンタのような成長因子がありませんから、細胞再生やアンチエイジング効果は期待できません。そのかわり、アミノ酸やビタミンやミネラルなど美肌や美白に良い成分が豊富に入っています。また、抗酸化作用や保湿作用も見逃せません。動物性のものを使うのに抵抗がある人や、においが気になる人は植物性プラセンタを使ってみるのもいいかもしれません。ただしライ麦や小麦アレルギーを持つ人は原料をよく確認しましょう。