プラセンタとはなにか

ヒトプラセンタについて

ヒトプラセンタとは文字通り、人間の胎盤のことを指します。人間の胎盤は母体が胎児を育てるうえで重要な役割を果たすもので、出産後は通常捨てられてしまうものですが、これが医学の分野で活用されるようになりました。ただし、用済みになったものとはいえ人間の臓器を取り扱うというデリケートな分野ですので、現在は薬事法の取り決めでヒトプラセンタを使えるのは医療目的の注射だけが許可されています。

ヒトプラセンタを原料として製造されている注射の種類は二つ。「ラエンネック」と「メルスモン」という名前です。ラエンネックには慢性の肝臓疾患において肝機能を改善させたり、脂肪肝を予防したりする働きがあり、メルスモンには更年期障害の改善や乳汁分泌を促す働きがあります。いずれの場合も保険が適用になります。これらの注射を受けた人は献血をすることができないと厚生労働省が決めていますが、これはヒトプラセンタの安全性を疑うというより輸血の安全性を確実にするという意味なのでしょう。

また、ラエンネックには美容効果、アンチエイジング効果もあるといわれており、美容目的の注射も作られています。美容クリニックなどで受けられるこれらの注射は保険がききません。

人間はさまざまな病気に感染する生き物です。それゆえにヒトプラセンも感染の心配がないとはいえませんが、長年の研究によりその安全性はほぼ100%確保されているので安心して利用していいでしょう。