プラセンタとはなにか

動物のプラセンタについて

ヒト以外の動物のプラセンタも、医療や美容、健康の分野でさまざまに活用されています。現在使われているのは馬プラセンタ、豚プラセンタ、羊プラセンタの3つです。

馬プラセンタは、ほかと比べて栄養価がとても高く、特にアミノ酸については豚プラセンタの200倍以上含まれているといわれています。豚がもっていないアミノ酸もあり、その効果も期待されています。奇蹄類(ひづめが割れていない)である馬は狂牛病の心配はなく、サラブレッドであれば管理も徹底されていますので安全性はとても高いといえるでしょう。安全性と栄養価の高さで、馬プラセンタ商品はやや高価なものとなっています。

馬プラセンタサプリメントを特集したサイト

豚プラセンタはもっともポピュラーなものです。一般の豚は病気予防のためにいろいろな抗生物質を投与されており、その影響が胎盤にも少なからずあるといわれています。SPF豚と言われる種類は、抗生剤を投与されない徹底した管理がされていますので、この豚の胎盤を使った商品は安全性が高いものとなっています。馬プラセンタに比べて栄養価がやや劣りますが、出産回数が多いのでそれだけ採取される量も多く、商品の価格も比較的安く済みます。

羊プラセンタはヒトプラセンタとよく似ており、それだけ人間の身体に自然になじむものであるといわれています。プラセンタの利用目的で飼育される羊は徹底した品質管理をされており、良質な商品となっています。ただし値段がかなり高いので海外の富裕層に利用されていることで有名です。